雨漏り調査をする際に知っておきたい瓦の種類と耐用年数

屋根からの雨漏りは瓦の雨漏り調査が必要

瓦の種類と耐用年数を知る

屋根の瓦にはいくつかの種類があります。その種類によって耐用年数に違いがあるので、それぞれについてご紹介します。

瓦の種類

粘土系瓦
はじめにご紹介するのが粘土系瓦です。このタイプは伝統的な見た目で、日本では非常によく見られるポピュラーなものです。強度や耐久性に優れている反面、非常に重いのが特徴です。ひび割れ、瓦のずれなどに注意が必要なタイプのもので、寿命は20年から30年ほどです。
スレート瓦
スレート瓦は、セメントに繊維を混ぜて作られている瓦です。「コロニア」や「カラーベスト」などと呼ばれる名称でよく販売されており、粘土系瓦と比較すると、軽量さとカラーが豊富という点が特徴です。しかし、塗料が落ちると防水機能が低下する面もあり、10年から15年程度の寿命です。
金属系瓦
金属系瓦は、トタンやアルミ、ステンレス、ガルバリウムなどを使用して作られているものです。軽い上に耐候性にも優れているという魅力がありますが、変色や褪色などが現れてしまうので、約5年ごとに塗り替えるなどの定期的なメンテナンスが必要です。寿命は20年から30年程度です。
セメント瓦
繊維などを加えずに骨材とセメントだけを使用して作られた瓦がこのタイプです。塗装の寿命自体は10年程度なので定期的に塗装をしなければなりません。施行後20年が経過すると防水機能も低下するので、雨水が浸透し始めるようになります。

雨漏り修理とは別に瓦のメンテナンスを依頼する

雨漏りが発生した場合には、雨漏り調査と修理してもらうことも重要ですが、それに加えて屋根の瓦のメンテナンスなども依頼して行ってもらうと良いでしょう。瓦は劣化するものですから、その劣化によって雨漏りの原因となってしまうこともあります。瓦屋根のご家庭は、しっかりと瓦のメンテナンスもしてもらって雨漏りを引き起こす原因を断つようにしましょう。瓦のメンテナンスを依頼する場合には、瓦の専門の職人がいる業者を選び、適切な方法でメンテナンスを施してもらうようにし、できるだけ長く良い状態に瓦を保てるようにしましょう。  

TOPボタン
屋根瓦の種類|屋根の雨漏り調査で分かる瓦の劣化や破損による影響