雨漏り調査で分かること【屋根からの雨漏りに繋がる瓦のチェック】

屋根からの雨漏りは瓦の雨漏り調査が必要

雨漏りが疑われたら早急に調査を依頼する

雨漏りが始まると家の中が濡れるだけではなく、家の腐食も引き起こすので、早めに調査をしてもらうことが大切です。

雨漏り調査で分かること

雨漏り調査では、調査を行うことによって雨漏りを引き起こす原因を特定します。原因を特定することができれば、どこに処置をすべきかや、どのような処置を原因箇所に施す必要があるのかという点が明確になります。雨漏り調査では、目視をはじめとして散水調査や外線サーモグラフィーなどを活用して原因を追及し、解決に導きます。

雨漏り調査に関する質問

ピンポイントで原因を解明できる調査方法はありますか?
雨漏りの原因を特定するときに、しっかりと把握しておくべきなのが雨水出口だけではなく、その経路です。それらの点をピンポイントで把握する必要がありますが、それをしっかりと特定するのはなかなか難しいことです。外線サーモグラフィーは、赤外線によって温度の変化が明確にわかるので、雨水がどのような経路で侵入しているのかがはっきりとわかります。より確実な原因を特定できるという点が、この診断方法のメリットです。

実際に雨漏り調査を利用した人の声

すぐに原因がわかりました(40代/男性)

家の中が雨漏りしてしまい、自分でその原因を突き止められなかったため、業者の方に診断を依頼しました。すると、現場と屋根裏のチェックをしてもらったあとで、すぐに原因を特定してもらうことができました。その後、雨漏りの修理をしてもらってからは雨漏りなどは発生しておらず、快適に生活を送ることができています。雨漏りは生活にも影響を与えるものなので、すぐに原因を特定してもらい修理をしてもらえたのは非常に助かりました。

写真を撮っていただいたので説明が分かりやすかった(40代/男性)

大雨や強風などの影響で屋根に壊れた部分ができてしまったようで、雨漏りが発生してしまいました。ちょっとの雨でも家の中ではかなり雨漏りしてしまうので、業者の方に見てもらったところ、雨漏りの原因となっている箇所を写真に撮って見せてもらうことができました。見てみるととても大きなヒビがあり、そこから雨漏りが発生したようです。その原因となっている箇所をしっかり直してもらったことで、雨漏りに悩まされることもなくなりました。

屋根からの雨漏りは「瓦」が原因

ハトと瓦

屋根から雨漏りをしてしまうという状態の場合、原因として考えられるのが、老朽化してがずれたり割れたりしてしまっているということです。また、瓦の下に敷いている防水シートが劣化したり露出していたりということも原因として挙げられます。防水シートが敷いてあるとはいっても、上にちゃんとした状態の瓦が無ければ隙間から雨水が入り込んできてしまい、結果的に雨漏りを引き起こしてしまうため雨漏り修理が必要になります。

TOPボタン
屋根の雨漏り調査で分かる瓦の劣化や破損による影響